原点

愛知県豊田市 大人の女性の為の studio【ピラティス & パーソナル ココカラ studio N.】代表 塩見奈津子です。

スタジオでは、【ピラティス 】をお勧めします。

その私のピラティス の原点をさらっと✨

ピラティス に出会ったのは、何度かブログなどでも書いているかもしれませんが、

スポーツクラブの社員の研修で、【ピラティス 】がありました。

確か 23歳の時ですね。

かれこれ16年になるわけです😅

その時は、まだ大学卒業したばかりということもありますし

体力、筋力とも満ち溢れていました 笑

とにかく動いてナンボみたいな感じだったので

残念ながらピラティス の良さが十分わからなかったのです。

身体、ココロとも入らなかった。

レッスンは受け持ちますが、仕事の一つです。

そこから、数年がたち

子供を二人授かり。二人目の妊娠から産後。身をもって体感することになりました。

当初、ピラティス を始めた頃の動いてナンボから

整える心地よさを体感し

動くためにも整えると、より素晴らしいパフォーマンスを生み出せることを知り。

不快な身体は我慢するものではなく。耳を傾け整えてあげる事で喜ぶということ。

身体と心は繋がっていることを知りました。

【運動】という思いで行うと、物足りなさを感じる方が多いようですが

整える為の一つの手段として捉えて頂くと良いなと、私の体験から思うことです。

その16年前に、ピラティス の本を読みたくても本屋さんでは、なかなか売ってなくてその中、大切な私の愛読書だったものです。

こんな感じで 笑

20世紀前半にジョセフ・ピラティス 氏が唱えた言葉の一つ

これまでの歴史の中で、身体的な健康を手に入れるためにこれほどの多くの時間と金が費やされている現代のような時代はかつてなかった。 今ほど本来の健康に対する意味のない欲求が正当化されている時代はない。

関連記事一覧

PAGE TOP